トップページ

    こんにちは!
    私はある自動車メーカーで車の開発をしている木村と申します。
    アクアはハイブリッド専用車で、トヨタのハイブリッド技術の最高傑作
    ではないかと思っています。トヨタのハイブリッドが発売された1996年は
    モーター技術の性能が大幅に向上した年でした。
    その時を待っていたかのようなハイブリッドに関する研究をしてきたのが
    トヨタなのです。その点、トヨタというのは技術に対してまじめに研究する
    集団ですね。学会発表を聞いていても、すごく地道な努力していたり、
    一つのことをきっちり極める研究開発をしています。
    そんなハイブリッド技術も16年が経過して、フィットハイブリッドが
    燃費でアクアを超えたようなことを言っていますが、それは何もオプション
    を付けない車体が軽い状態での燃費であって、実際の燃費はアクアより劣ります。
    やっぱりアクアが今のハイブリッド車の中で一番燃費が良い車だと
    思いますね。アクアの価格に関してですが、アクアより6万円程高い
    設定にはなっていますが、もともとトヨタは車の価格設定を低めにして
    値引きはしないので、実際の値引き額は目標10万円でしょうね。
    その点、アクアの値引き額は普通に20万円くらいは余裕でいけます。
    そうなると実際は、フィットハイブリッドよりアクアの方が安いですね。
    ディーラーの下取りは高く買い取ってくれない事は御存知ですよね。
    お友達と取引をすれば、値引きすることなく、相場価格の5~10万円
    安い値段で手放せるので、自分にもお友達にもメリットがあるのですが、
    そんな都合の良いお話は世の中になかなか無いのが実情です。。。
    今までお仕事を頑張ってきて、そろそろ良いかなと、奥さんに相談して
    やっとOKをもらった人であれば、予算は奥さんに決められているかも
    しれませんね。
    予算の中で値引きができれば、その分、オプションが増えたり、
    グレードを上げたり出来るかもしれません。
    妻には内緒でへそくりに回しても良いですよね。
    では、どうやって今乗っている車を高く売るか?ですが、
    新車購入する際のディーラーでの下取りでは、高く買い取ってくれない
    のはご存知ですよね。
    今あなたが乗っている車の下取り価格を
    大幅に下げておいて、その分、新車の値引き価格を多くする。
    そうやってディーラーでは利益を確保しています。
    真面目で正直なディーラーさんは、買取専門店に持ち込んだ方が
    高く買い取ってくれてお得ですよ!
    と教えてくれるディーラーもいますが、そのような人が
    この世の中にどれだけいることか。。。
    お友達と個人売買できれば一番良いのですが、そうでなければ、
    ディラーに下取りするよりもアップルやガリバーといったような
    買取専門店に相談した方
    が予算内で、オプションが増えたり、へそくりに
    出来たりする可能性が大幅に増えます。
    新車購入時にハードな交渉となるのは、オプションを含めた総額からどの程度値引きしてもらうかと、
    将来のアフターサービスが気になることでしょう
    ディーラーでは、アクアの値引き額を多めにしておいて、他のディラーに行かないようにして、
    なんとかクルマ購入につなげたいと考えています。
    その際、ディーラーがどのように利益を出そうとしているかというと、下取り車の下取り額です。
    あなたの下取り車は、すでに価値がなくなっているから
    本当は処分するのにお金を頂く必要があるのですが。。。
    でもなんとか、◯◯万円で下取りさせて頂きます。と言われたら要注意です。
    大手ディーラーなら、クルマの買取専門店の方がディーラー下取りよりも高く引き取ってくれるから、
    そうしたらどうですか?
    とアドバイスしてくれます。さらに言うと、直接そのような買取業者の店舗に脚を運ぶと、
    その買取業者では、他店舗と競争する必要がありませんから、
    高い金額を提示することがありません。
    その点、ネットでの買取なら、同時に複数の業者に見積もりを出してもらうから、
    良い業者を選ぶだけで、どこよりも高く今まで乗っていたクルマを買い取ってもらうことが出来るのです。
    ズバット車買取比較

     愛車を最高額で売ろう! ズバットなら最大10車の査定額を比較してあなたの愛車を最高額で売ることができます。最高額で売るには、1社でも多くの会社に査定してもらい、査定額やサービス内容を精査することで最高額を手にすることが出来ます。買取業者によって、査定額はことなります。なぜならば、買取業者によって『欲しい車』や『得意な車種』は異なります。また、買取業者ごとに『独自の販売ルート』を持っているから、その違いによって値引き額は異なるのです。ディーラーなどの業者は、全国75万台の分析データから算出した買取相場を一括査定のご依頼後すぐにインターネットで確認出来ます。値引きの相場を知って高額売却を狙おう。






    カーセンサー.net簡単ネット査定

     カーセンサーは、車購入時の雑誌として有名ですから、知っている人も多いと思います。愛車を高く売るには、独自の販売ルートを持つことが重要なのですが、カーセンサーに関しては、雑誌という強力な独自販売ルートがあります。さらに、東北、関東、信越、北陸、中部と販売チャンネルは多いですから、高値での売却が期待できます。






    カービュー愛車買取無料査定

     10年落ちのような通常なら下取り価格がつかずに、売却には、『処分するためのお金を頂きます。』と言われてしまいそうな車に関しては、得にカービューをおすすめします。カービューは、日本最大の車情報サイトです。それを維持するには、必ず定期的な目玉車が必要になります。そのような目玉車は、高年式で通常では値段がつかないような車で、他の買取業者が嫌がるようなクルマが必要なのです。そんなクルマを必要としている業者はカービューだけですから、下取り価格がつかないようなクルマには、カービューが最適なのです。






    楽天 無料愛車一括査定

     楽天は、ネットショッピングで知名度が高いですから、他の業者よりも安心感があります。安心して取引できるのが楽天オートです。
    クルマの査定では最悪の場合、どこに頼んでも査定額は同じということもあるかもしれません。
    そんな時には、楽天ならポイントが貰えるからその分はお得になりますので、他の業者よりはメリットがある人もいると思います。
    1.下取りよりも高く売却出来る
    2.利用には料金が掛からない
    3.ご成約で1500楽天ポイントが貰える
    という楽天で良くネットショッピングをする人にはメリットがいっぱいです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定は、最大で65万円お得な場合が過去にありました。
    得に、トヨタ車で低年式、高級車の場合は、高い査定額となることが多いようです。
    平均では、下取りよりも16万円高く査定しています。買い取り会社がすぐに見つかりますから、
    ディーラーに下取りを依頼しているのであれば、すぐに査定を開始して、少しでもお得な方を選びましょう。






    愛車の売却に関しては、慎重に考えられていることでしょう。
    手元に置いておいたり、誰かに使ってもらうか?それとも手放してしまうか?
    いろいろな考えが沸き起こってきます。
    少なくとも手放してお金にならないのであれば、
    手元に置いておいた方が良いという考えは僕もそう思います。
    でも手元に置いておくと維持費がかかるのも事実ですから、
    もし、ある程度納得のいく金額で売却できるのであれば、
    売ってしまった方が得ですよね。
    おそらく一番高く買い取ってくれる業者はネットでのクルマ査定です。
    友人に売ることにしたら、それなりの金額になりますし、
    後々の事も考えないといけないですからね。。。

    新型アクア値引きの相場を教えます

    新型アクアをディーラーの限度ギリギリまで値引きして、下取り車を相場よりも高く手放し、新型アクアの売れ筋モデルに的を絞ってディーラーと交渉することです。ディーラーで交渉する前に頭の中にインプットしておくだけで、損しない新車アクアの購入が出来ることでしょう。女性の方でも分かりやすいので容易に実践可能です。

    取扱い専門店への行き方、問い合わせ方法

    アクアの値引き交渉では、トヨタ全店扱いを利用してトヨタディーラー同士の競合に持ち込めば、割安な値引きでアクアを購入できるチャンスです。トヨタ店とトヨペット店は高級車を取り扱っているので、利益の大きい商売をしています。値引きが少ないことが多いです。

    値引き交渉を簡単に済ませるには

    値引きを成功させるには、トヨタのディーラーはどこでもアクアを取り扱っています。それを逆手に取って利用します。ディーラーを1つでも多く訪問して相見積もりを取るのです。特にカローラ店とネッツ店は値引きが大きいので、狙い目です。トヨタ店、トヨペット店を先に回って、その後に行きましょう。

    新車を安く購入するための値引き交渉テクニック

    クルマを少しでも安く購入するためには値引き交渉のタイミングがポイントとなります。初めて販売店を訪れた際は、本命車や予算については口にしないのが鉄則です。本命車や予算を先に伝えてしまうと本命車が特定されるだけでなく、予算を提示した時点で営業マンのペースになっててしまいそれ以上の値引きが可能な場合でも範囲内での値引きしか期待できなくなるからです。値引き交渉は初めからではなく契約の一歩手前で行うのがベストです。商談を行う際は「値引きしてくれないなら買わない」などといった横暴な態度ではなく、営業マンが「この人に買ってもらいたい」と思うように接することも大切です。

    専門店での値引き成功術

    購入する際の交渉はあっさりと終わらせないで下さい。ゆったりと営業マンと交渉できる時間を持つのが良いと思います。(営業マンも心理的に値引きが出やすい)最後に1万円未満は切り捨て、総額で○○万円になるならOKです。と言う。同様に、支払い総額が△△万円になるなら契約しますとお願いします。現金払いのメリットはディラーにはありません。クレジットカードを利用しましょう。さらに得するコツは、納車時にガソリン満タンを要望する。通常、ガソリンは10kmくらい走れる程度しか入っていません。ボディーコーティングなどのオプションは付けておいた方が、後でコーティングするより仕上がりが良いです。車両登録、車庫証明などの登録手数料のサービス・半額をお願いする。一般にローンを利用したほうがディーラーに手数料が入るので、その分が値引き額に反映されやすくなります。ローンの金利キャンペーン(現在なら1%台がねらう)がある時に契約する。

    デモアップの車がねらい目

    展示車は新古市場として流れます。新品同様で走行距離が少ないことが特徴で、市場をした程度ですので品質はほとんど損なわれていません。キャンセル車も同様です。これらの車は店のノルマを達成するために安く売るという方針があります。そのタイミングに遭遇すれば値引き交渉を行い、よりお得に購入ができます。納車時には、洗車や室内の掃除や点検を行ってくれますので安心です。オプションも取りつけれますのでカスタイマイズも可能です。

    新車を安く買うなら決算時期です!

    ディーラーの営業マンには当然のことながらノルマが課せられています。普段から一生懸命営業活動に取り組んでいれば問題はないのですが、そこはやはり人間、ついつい後回しにしてしまいがちで結局、決算時期になって焦りだす営業マンが多いのが実情です。店舗の店長も通期の営業成績が達成されていようがいまいが、とにかく少しでも店の成績を上げようと必死になります。車を購入する側にとってはそこが格好のねらい目なのです。決算時期に決算時期にはディーラー側は普段ではありえないような値引きやオプションサービスを付けてくれるキャンペーンを行います。どうせならそこでクルマを買ってみてはいかがでししょうか。

    現金値引きだけではない!

    カーナビやコーティングなどの高価なサービスは値引きを誘発しやすいです。単品だけでなくあくまでも複数点購入することで実現します。また、現金値引きで行き詰まったときはこちらの方法に切り替える作戦もあります。オプションをじっくり検討することが重要ですので機能を知ったうえで交渉に臨むことが最大のポイントです。サービスでの値引きの実現理由として取り付け工賃やメンテナンスなどディーラー側にもメリットがたくさんあるからです。

    知っていると大変お得!残価設定ローンの豆知識

    クルマ購入では、一括払い以外にローンを組んで購入する方法もありますが、残価設定ローンを利用することで毎月の返済額を抑えられます。また、残価が保証されているため、中古車相場が変動しても追金なしでアクアに乗り換えが可能です。その他、銀行や信販系のローンと比べて金利が低いというメリットもあります。なお、残価設定ローンでは、走行距離に制限がある他、支払う利息が多くなる可能性もあるため注意が必要です。値引き交渉においては、残価設定ローンの利用によって値引き額を上乗せしてもらえる場合もあるので、有効な手段になります。

    交渉次第で50万円引き!?

    新車を購入する時、少しでも安く購入したいと思う人は多いです。私が今までアクアを購入する際に使った値引き交渉は、営業マンとの駆け引きが大事でした。簡単に言うと、信頼関係を保ちつつも不安感を煽るという事です。これだけ聞くと難しそうに感じるかもしれませんが、要はあなたの所のこの車が欲しいんだけど他のメーカーのこの車も気になっているんだよね。といった具合に、具体的な話しを出すことによって最後の決め手がなくて購入に至らないという状況を説明するだけです。これだけでうまくいけば向こうから値引き交渉をしてくるので、そうなればこっちのものです。