トップページ

    おはようございます!
    私はある自動車メーカーで車の開発をしている木村と申します。
    アクアはハイブリッド専用車で、トヨタのハイブリッド技術の最高傑作
    ではないかと思っています。トヨタのハイブリッドが発売された1996年は
    モーター技術の性能が大幅に向上した年でした。
    その時を待っていたかのようなハイブリッドに関する研究をしてきたのが
    トヨタなのです。その点、トヨタというのは技術に対してまじめに研究する
    集団ですね。学会発表を聞いていても、すごく地道な努力していたり、
    一つのことをきっちり極める研究開発をしています。
    そんなハイブリッド技術も16年が経過して、フィットハイブリッドが
    燃費でアクアを超えたようなことを言っていますが、それは何もオプション
    を付けない車体が軽い状態での燃費であって、実際の燃費はアクアより劣ります。
    やっぱりアクアが今のハイブリッド車の中で一番燃費が良い車だと
    思いますね。アクアの価格に関してですが、アクアより6万円程高い
    設定にはなっていますが、もともとトヨタは車の価格設定を低めにして
    値引きはしないので、実際の値引き額は目標10万円でしょうね。
    その点、アクアの値引き額は普通に20万円くらいは余裕でいけます。
    そうなると実際は、フィットハイブリッドよりアクアの方が安いですね。
    ディーラーの下取りは高く買い取ってくれない事は御存知ですよね。
    お友達と取引をすれば、値引きすることなく、相場価格の5~10万円
    安い値段で手放せるので、自分にもお友達にもメリットがあるのですが、
    そんな都合の良いお話は世の中になかなか無いのが実情です。。。
    今までお仕事を頑張ってきて、そろそろ良いかなと、奥さんに相談して
    やっとOKをもらった人であれば、予算は奥さんに決められているかも
    しれませんね。
    予算の中で値引きができれば、その分、オプションが増えたり、
    グレードを上げたり出来るかもしれません。
    妻には内緒でへそくりに回しても良いですよね。
    では、どうやって今乗っている車を高く売るか?ですが、
    新車購入する際のディーラーでの下取りでは、高く買い取ってくれない
    のはご存知ですよね。
    今あなたが乗っている車の下取り価格を
    大幅に下げておいて、その分、新車の値引き価格を多くする。
    そうやってディーラーでは利益を確保しています。
    真面目で正直なディーラーさんは、買取専門店に持ち込んだ方が
    高く買い取ってくれてお得ですよ!
    と教えてくれるディーラーもいますが、そのような人が
    この世の中にどれだけいることか。。。
    お友達と個人売買できれば一番良いのですが、そうでなければ、
    ディラーに下取りするよりもアップルやガリバーといったような
    買取専門店に相談した方
    が予算内で、オプションが増えたり、へそくりに
    出来たりする可能性が大幅に増えます。
    新車購入時に時間がかかる交渉となるのは、クルマがいつ来るのか?と、
    将来のアフターサービスが気になることでしょう
    ディーラーでは、アクアの値引き額を多めにしておいて、お客様に興味を持ってもらい、
    なんとかクルマ購入につなげたいと考えています。
    その際、ディーラーが利益の源をどう考えているかというと、クルマの下取り額です。
    現在乗られているクルマは、すでに価値がなくなっているから
    お客さんのクルマは人気の無い車種なのであまりサービスは出来ないのですが。。。
    でもなんとか、◯◯万円で下取りさせて頂きます。と言われたら要注意です。
    大手ディーラーなら、クルマの買取専門店の方がディーラー下取りよりも高く引き取ってくれるから、
    そうしたらどうですか?
    とアドバイスしてくれます。さらに言うと、直接そのような買取業者の店舗に脚を運ぶと、
    その買取業者では、他店舗と競争する必要がありませんから、
    高い金額を提示することがありません。
    その点、ネットでの買取なら、同時に複数の業者に見積もりを出してもらうから、
    良い業者を選ぶだけで、どこよりも高く今まで乗っていたクルマを買い取ってもらうことが出来るのです。
    ズバット車買取比較

     愛車を最高額で売ろう! ズバットなら最大10車の査定額を比較してあなたの愛車を最高額で売ることができます。最高額で売るには、1社でも多くの会社に査定してもらい、査定額やサービス内容を精査することで最高額を手にすることが出来ます。買取業者によって、査定額はことなります。なぜならば、買取業者によって『欲しい車』や『得意な車種』は異なります。また、買取業者ごとに『独自の販売ルート』を持っているから、その違いによって値引き額は異なるのです。ディーラーなどの業者は、全国75万台の分析データから算出した買取相場を一括査定のご依頼後すぐにインターネットで確認出来ます。値引きの相場を知って高額売却を狙おう。






    カーセンサー.net簡単ネット査定

     カーセンサーは、車購入時の雑誌として有名ですから、知っている人も多いと思います。愛車を高く売るには、独自の販売ルートを持つことが重要なのですが、カーセンサーに関しては、雑誌という強力な独自販売ルートがあります。さらに、東北、関東、信越、北陸、中部と販売チャンネルは多いですから、高値での売却が期待できます。






    カービュー愛車買取無料査定

     10年落ちのような通常なら下取り価格がつかずに、売却には、『処分するためのお金を頂きます。』と言われてしまいそうな車に関しては、得にカービューをおすすめします。カービューは、日本最大の車情報サイトです。それを維持するには、必ず定期的な目玉車が必要になります。そのような目玉車は、高年式で通常では値段がつかないような車で、他の買取業者が嫌がるようなクルマが必要なのです。そんなクルマを必要としている業者はカービューだけですから、下取り価格がつかないようなクルマには、カービューが最適なのです。






    楽天 無料愛車一括査定

     楽天は、ネットショッピングで知名度が高いですから、他の業者よりも安心感があります。安心して取引できるのが楽天オートです。
    クルマの査定では最悪の場合、どこに頼んでも査定額は同じということもあるかもしれません。
    そんな時には、楽天ならポイントが貰えるからその分はお得になりますので、他の業者よりはメリットがある人もいると思います。
    1.下取りよりも高く売却出来る
    2.利用には料金が掛からない
    3.ご成約で1500楽天ポイントが貰える
    という楽天で良くネットショッピングをする人にはメリットがいっぱいです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定は、最大で65万円お得な場合が過去にありました。
    得に、トヨタ車で低年式、高級車の場合は、高い査定額となることが多いようです。
    平均では、下取りよりも16万円高く査定しています。買い取り会社がすぐに見つかりますから、
    ディーラーに下取りを依頼しているのであれば、すぐに査定を開始して、少しでもお得な方を選びましょう。






    クルマの下取りに関して悩むことはありません。
    手元に置いておいたり、誰かに使ってもらうか?それとも手放してしまうか?
    いろいろな考えが沸き起こってきます。
    少なくとも手放してお金にならないのであれば、
    手元に置いておいた方が良いという考えは僕もそう思います。
    でも手元に置いておくと維持費がかかるのも事実ですから、
    もし、ある程度納得のいく金額で売却できるのであれば、
    売ってしまった方が得ですよね。
    おそらく一番高く買い取ってくれる業者はネットでのクルマ査定です。
    友人に売ることにしたら、それなりの金額になりますし、
    後々の事も考えないといけないですからね。。。

    新型アクア値引きのコツを教えます

    新型アクア値引きで適切な交渉は、下取り車を相場よりも高く売って、新型アクアをディーラーで購入するだけという状態で望みましょう。この記事をよく読んで理解していただければ、損しない新車アクアの交渉が出来ることでしょう。クルマに詳しくない方にもキーワードをディーラーに伝えるだけなので、勉強すること無く出来てしまいます。

    取扱い専門店への行き方、訪問方法

    値引きテクニックとしては、もし、時間が許すのであれば、出来るだけ相見積もりを取ると良いでしょう。トヨタのディーラーは、4系統あります。それぞれトヨタ店、トヨペット店、ネッツトヨタ店、カローラ店です。同じ系統だと値引き額は同じで統一している可能性があるので、出来る限り、4系統回るようにした方がよいでしょう。

    値引き交渉を簡単に済ませるには

    アクアはトヨタの販売店4系統(トヨタ店、トヨペット店、ネッツトヨタ店、カローラ店)すべてで取り扱っている車種です。これらはそれぞれが独立した会社なので、すべてのお店で競合させることが可能です。相見積もりをとって、しっかりと比較してみましょう。

    値引き交渉成功のカギは?営業マンを本気にさせる商談方法

    新車を購入する場合、値引きなど少しでもいい条件を引き出すためには、営業マンとの商談の進め方が重要です。一般的には複数のディーラーの同グレードの車種を競合させる方法がよく知られていますが、そのことはプロの営業マンも承知しています。営業マンが見込み客に対して最も注目するポイントは客の本気度です。客の側としては商談の場でできるだけ良い人に徹し、営業マンに「この人に買ってもらいたい」と思わせることも大事なポイントです。「本当に買いたいのだけど、予算がこれだけしかないんです」ともちかけるのが効果的です。

    専門店での値引き交渉方法

    決める時の交渉はあっさりと終わらせないで下さい。最終交渉はディーラーがすいている平日や休日の夕方以降にしましょう。(ゆったり対応してもらえば値引きも出やすい)最後に1万円未満は切り捨て、総額で○○万円になるなら考えます。と言う。同様に、総額が△△万円になるなら購入しますとお願いします。現金払いだと安くなることはないです。クレジットカードを利用でマイルなどクレジットカードの利益を得ましょう。さらに損しない方法は、納車時にガソリン満タンにしてもらいましょう。通常、ガソリンを満タンに入れても営業マンは損になりません。だから、受け入れてもらいやすいです。ボディーコーティングなどは、付け加えると後々のリセールバリューが高くなります。車庫証明などの登録は自分でします。というと逆にサービスします。と言われることが多いです。一般にローンを組んだ方がディーラーに手数料が入るので、そのが値引きの対象になります。ローンの金利キャンペーン(現在なら1%台がねらう)がある時に購入する。

    アクアや中古車ではない新古車を選ぶ選択

    新古車にカテゴライズされる商品には、展示車やキャンセル車があります。展示車は、ディーラーに置いてある商品のサンプルが、一定期間経過し商品となったものです。キャンセル車は、一時は販売が確定していたものがキャンセルされ、商品として再び並んだものです。これらは、アウトレットという枠組みで新古車として知られています。新古車は、ディーラー側も早く売りたいため値引きされた価格で提供されています。あなたが、新古車を購入されることを検討している場合、値引き交渉をするとより安くなるかもしれません。

    新車を少しでも安く購入したいのなら時期を選ぶべきです!

    新車を少しでも安く購入したいのなら時期を考えるべきです。まずは1月頃からディーラーとの交渉を始めます。勿論、すぐに決定してはいけません。欲しい車と競合する2車種ほどを選びどれにするか迷っている、という姿勢を見せます。そして2月頃には2車種に絞りどちらかには必ず決めたいという意思を示しますが、そこでもまだ妥協せず粘り強く交渉を続け3月まで引っ張ります。ディーラーには月毎のノルマがありますが特に3月は年度末のため少しでも営業成績を伸ばそうとして、かなりの値引きキャンペーンを行います。そこで最大限の値引きを引き出してから購入を決めるのです。

    ディーラーオプションを付けて値引きを引き出す!

    ディーラーオプションとはカーナビやコーティングなどディーラで取付、施工を行うオプションのことです。車体に比べ価格は低いですが、利益率が大きく、それなりの値段を値引くことが可能です。例えは、車両価格200万円の車の利益が1割であったの場合は、最大でも20万円の値引きしか出来ませんが、40万円のカーナビの利益が5割であった場合、最大で20万円の値引きをしてもらえる可能性があります。但し、値引きのために必要のない部品やサービスを付けてしますと、総額は当然あがり本末転倒となってしまうので、注意が必要です。

    クルマの状態が楽しめる!

    残価ローンのメリットはクルマを定期的に乗ることができます。金利が少なくてローンが実現しますし、返済額もある一定期間になると中古として売ることになるので一気に返済ができます。新車に乗り換えるときにちょっとした追金で、車検代と思えばリーズナブルな価格です。最新のクルマを乗り継ぐことで快適なカーライフを送ることができます。デメリットは定期的に新車を購入するときに数十万円発生しますので、計画的にまとまったお金を準備しなければなりません。

    交渉次第で50万円引き!?

    新車を購入する時、少しでも安く購入したいと思う人は多いです。私が今まで新車を購入する際に使った値引き交渉は、営業マンとの駆け引きが大事でした。簡単に言うと、信頼関係を保ちつつも不安感を煽るという事です。これだけ聞くと難しそうに感じるかもしれませんが、要はあなたの所のこの車が欲しいんだけど他のメーカーのこの車も気になっているんだよね。といった具合に、具体的な話しを出すことによって最後の決め手がなくて購入に至らないという状況を説明するだけです。これだけでうまくいけば向こうから値引き交渉をしてくるので、そうなればこっちのものです。